「乱嵐エイサー-30」機種説明会・試打会

パチンコパチスロ

株式会社オーイズミは、7月20日 (水) 東京支店にて「乱嵐エイサー-30」機種説明会・試打会を開催した。 本機は沖縄伝統の盆踊り「エイサー」をモチーフにしたノーマル告知機。 リール両脇のランプ「D.O.S (ドラム・オブ・シーサー) 」が光ればボーナス確定となり、「乱嵐」と表示される上部パネルに真紅のシーサーが突如現れる衝撃の「F.O.S (フェイス・オブ・シーサー) 」出現ならBIG当選が確定する。 ボーナスはBIG (約300枚) とREG (約108枚) の2種類を搭載。すべての小役でボーナス同時抽選を行っており、特にチェリーは約1/90で出現し、約25%がボーナスに当選するアツい小役となっている。 本機はノーマルタイプながら、ボーナス1G連時は必ずBIGとなる特徴があり、試打会ではボーナス後1G目のレバーONに気合が入っていたのが印象的だった。 「乱嵐エイサー-30」の導入時期は9月を予定している。 (C)OIZUMIパチ&スロ★マニアックス

「乱嵐エイサー-30」機種説明会・試打会

パチンコパチスロ

株式会社オーイズミは、7月20日 (水) 東京支店にて「乱嵐エイサー-30」機種説明会・試打会を開催した。 本機は沖縄伝統の盆踊り「エイサー」をモチーフにしたノーマル告知機。 リール両脇のランプ「D.O.S (ドラム・オブ・シーサー) 」が光ればボーナス確定となり、「乱嵐」と表示される上部パネルに真紅のシーサーが突如現れる衝撃の「F.O.S (フェイス・オブ・シーサー) 」出現ならBIG当選が確定する。 ボーナスはBIG (約300枚) とREG (約108枚) の2種類を搭載。すべての小役でボーナス同時抽選を行っており、特にチェリーは約1/90で出現し、約25%がボーナスに当選するアツい小役となっている。 本機はノーマルタイプながら、ボーナス1G連時は必ずBIGとなる特徴があり、試打会ではボーナス後1G目のレバーONに気合が入っていたのが印象的だった。 「乱嵐エイサー-30」の導入時期は9月を予定している。 (C)OIZUMIパチ&スロ★マニアックス

「SLOTデッド オア アライブ5」記者発表会

パチンコパチスロ

株式会社ユニバーサルエンターテインメントは、7月12日 (火) 東京都江東区の本社ビルにて新機種「SLOTデッド オア アライブ5」記者発表会を行った。 「DEAD OR ALIVE」はシリーズ累計販売本数970万本を誇るコーエーテクモゲームス社の格闘ゲーム。世界で一番美しい格闘ゲームと言われ、格闘ゲームとしての完成度はもちろん、魅力的なキャラクターで人気を博している。 本機はボーナスと1Gあたりの純増1.74枚のART「霧幻RUSH」でメダルを増やすゲーム性。 ARTは4種類の霧幻JACとベルナビ回数 (5 or 50回) で管理。押し順ベルは出現率の異なる2種類があり、霧幻JACの種類でナビを消費する押し順ベルが異なる。そのため、JAC1セットあたりの平均継続ゲーム数は上位のJACほど長くなり、また上位のJACほどストック特化ゾーン「α-BURST」に突入しやすい特徴がある。 記者発表会ではマーケット戦略室の長谷川崇彦室長が登壇。パチスロ開発で一番難しいところとして、ソフトに合ったハード開発を挙げ、「SLOTデッド オア アライブ5」に合う新筐体「BAZOOKA II」を紹介した。 BAZOOKA IIでは、初代BAZOOKA筐体の良い部分は継承しつつ、スピーカー構成を最適化したり、電飾を大幅に強化。これにより、上から包み込むような音で最高の臨場感を演出し、映像演出と融合したダイナミックな表現が可能となった。さらにリアルタイム3D性能は初代BAZOOKA筐体と比べて4倍にアップし、業界最高峰の映像美を実現した。 「SLOTデッド オア アライブ5」導入時期は8月22日を予定している。 (C)コーエーテクモゲームス (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENTパチ&スロ★マニアックス

「SLOTデッド オア アライブ5」記者発表会

パチンコパチスロ

株式会社ユニバーサルエンターテインメントは、7月12日 (火) 東京都江東区の本社ビルにて新機種「SLOTデッド オア アライブ5」記者発表会を行った。 「DEAD OR ALIVE」はシリーズ累計販売本数970万本を誇るコーエーテクモゲームス社の格闘ゲーム。世界で一番美しい格闘ゲームと言われ、格闘ゲームとしての完成度はもちろん、魅力的なキャラクターで人気を博している。 本機はボーナスと1Gあたりの純増1.74枚のART「霧幻RUSH」でメダルを増やすゲーム性。 ARTは4種類の霧幻JACとベルナビ回数 (5 or 50回) で管理。押し順ベルは出現率の異なる2種類があり、霧幻JACの種類でナビを消費する押し順ベルが異なる。そのため、JAC1セットあたりの平均継続ゲーム数は上位のJACほど長くなり、また上位のJACほどストック特化ゾーン「α-BURST」に突入しやすい特徴がある。 記者発表会ではマーケット戦略室の長谷川崇彦室長が登壇。パチスロ開発で一番難しいところとして、ソフトに合ったハード開発を挙げ、「SLOTデッド オア アライブ5」に合う新筐体「BAZOOKA II」を紹介した。 BAZOOKA IIでは、初代BAZOOKA筐体の良い部分は継承しつつ、スピーカー構成を最適化したり、電飾を大幅に強化。これにより、上から包み込むような音で最高の臨場感を演出し、映像演出と融合したダイナミックな表現が可能となった。さらにリアルタイム3D性能は初代BAZOOKA筐体と比べて4倍にアップし、業界最高峰の映像美を実現した。 「SLOTデッド オア アライブ5」導入時期は8月22日を予定している。 (C)コーエーテクモゲームス (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENTパチ&スロ★マニアックス

「パチスロ ロスト プラネット 2」新機種展示会

パチンコパチスロ

株式会社平和は、7月5日 (火) 東京営業所ショールームで「パチスロ ロスト プラネット 2」展示会を開催した。 本機は純増2.0枚 / 1GのART「エイクリッドバトル」でメダルを増やすゲーム性。ARTは規定ゲーム数や規定枚数が存在しない完全バトルタイプとなり、エイクリッドを殲滅すればARTが継続する。 殲滅期待度はエイクリッドの種類やチーム編成で変化。チーム人数は最大4人で、人数が多いほどバトルが有利になる。 「パチスロ ロスト プラネット 2」導入時期は9月上旬を予定している。 (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.パチ&スロ★マニアックス

ページの先頭へ