映画【太陽からプランチャ】
恵まれない環境ながらも、
輝きたいと願い夢を追い求める女の子たち(女子プロレス、アイドル)
夢を追うより、生活の為にと、活動している若手カメラマン達が、
封印した自らの理想像と、現状に葛藤しながらも、
彼女達と出会い、変化していく感情を描く青春ムービー

正に、インディーズアイドル界で活躍するアリス十番にぴったりのテーマ。
先日の記事に有るように、アリス十番から立花あんな、早瀬愛夢、渡辺まありが
【太陽からプランチャ】に出演、しかも常設劇場P.A.R.M.Sでの撮影が有るという事で
撮影現場に潜入した。

通勤ラッシュが始まる頃、既に機材のセッティングが終わり撮影が始まった。
同じシーンを、撮ってはダメ出しの繰り返し。緊張が空気を伝わりコチラにも感じるほど。

いつもと違う表情を見せる撮影中の立花あんな、早瀬愛夢、渡辺まありの3人

ちょっとした表情の違いや声のトーンを指摘し、何度も何度もカットを出す監督

ようやくOKが出たが、スタートから既に3時間以上が経っていた。演技の出来不出来もあるが、
【太陽からプランチャ】の根底に流れるテーマはこのシーンにも凝縮されている、
故にこれほどの時間と熱を掛けた、と、筆者は思った。

さて、上記撮影中も待機して練習していたアリス十番メンバーも揃い、ステージシーンの撮影。
PVとはまた違った撮影に、徐々に表情もそれに合わせ輝いて行くアリス十番。

別角度から、何度も撮ってはセッティングの繰り返し

窪田監督は歌詞カードを見つめながら、その曲の想いを探り撮影して行く

ステージシーンを撮り終えた後は、ひと時の休息。

その後は、平日の昼間にも拘らず、色んな壁を乗り越えてやってきた生粋のアリスファン、
約130名を招いてのライブシーンの撮影だ。
(フロアに収容されると、スチームガールズやOZファンも見受けられた)
ちなみに、アイドルお馴染みのコールも、映画の役名に合わせて欲しいというお願いに、
最初は戸惑っていたが皆さん快諾。
 桜田琴美⇒立花あんな
 山本ゆみ⇒早瀬愛夢
 高橋真冬⇒渡辺まあり

楽曲は「真・アドベンチャー」
カメラマン役の馬場良馬氏がフロア最前列で撮る、という流れなので
それを踏まえてきちんと間隔を空け、用意が整うと撮影スタート

あれ、いつもよりコールの音量デカくないか?時間が午後一番だから元気があるのか?
と思うほど、フロアの声が大きい。気合いを感じる。

そう、これはライブシーン。
アリス十番メンバーも先程とはうって変わり、表情にも熱が帯びてくる。
カメラ位置を変え、また、楽曲も「全開☆ヒーロー」に変わっての撮影など、
何度も何度も撮っては待機の繰り返しだが、アリス十番もフロアもお互い疲れを見せない。

ライブシーンを撮り始めの際に監督が
『今日は何時からライブですか?』と質問があった。
何時まで撮れるだろう?の真意だと思うが、時計の針が3時を過ぎた頃、無事に撮影が終了。
流石はライブアイドル:アリス十番だ。

ステージ上から丁寧に挨拶を伝え、撮影は無事に終了。
アリス十番が、映画【太陽からプランチャ】の撮影に挑むのは今日が最後。
クランクアップという事で、メインで出演したメンバーにコメントをもらった。

山本ゆみ役:早瀬愛夢
『初めての映画の撮影という事ですごい最初は緊張してたんですけど、
自分のセリフが無い所でも、その人のセリフを聞いてどう感じ取るか、とか、
“普段何気ない事”でも、ストーリーの中ではその一つ一つが、”演技”で、
何気なくやってることまで細かく感情が入っていって、演技は難しいと思ったりしつつ、
でもそれを、普段の生活の中の何気ない行動をどれだけ自然に”演じる”か、
って言うのが考え出すと難しいなって思いました。
カットが入って指摘されると、こういう時どうしてたんだろうとか、普段考えてない事を学ぶことが出来て、
これから普段の何気ない行動も、”こういう時の気持ちを忘れずに居よう”とか、
この先演技でも活かせるようにちゃんとメモして行きたいと思います。』

高橋真冬役:渡辺まあり
『映画の撮影は初めての経験でした。私はセリフが殆ど無かったんですけど、
共演者の俳優さんが同じセリフを何度も何度も撮り直しさせられてて、
“どういう気持ちでどんな状況なのか考えろ”みたいに何回も監督に言われてて、
一緒になって考えてみたりしたんですけど、言ってる事が難しくて、
やっぱり演技って難しいんだなと一番に感じました。
そのシーンが終わってアリス十番のライブシーンだったんですけど、そこも何度も何度も繰り返し撮りました。
ファンの人もいっぱい来てくれて、その撮り直しの度に全力で応援してくれて、
なんか、、、こっちも凄いがんばろう!って、元気をもらえた撮影になりました。
またこういうお仕事が出来たら良いなと思います!』

桜田琴美役:立花あんな

『バッティングセンターでアルバイトをやっている役なので、一番最初の撮影がそのバイト先でのシーンでした。
セリフは少ないんですけどスタッフさんと何回も本読みして私なりに演技したんですけど、
監督の考えに全く応えられなくて、、、
私のシーンの前に共演者さんの撮影を見学してたんですけど、何回もカット入って怒られてて、
で、いざ私の撮影に入ったら思いっきり、、、でした。
想像してるつもりだったんですけど、それはやっぱり”つもり”で、一言一言がすっごい難しくて、
次のセリフを喋るのが怖くなっちゃって、「ダメ、続けて」ってカットが入らないんで、
ダメと言われて続けさせられるこの緊張感は怖かったです(笑)
だから今日の撮影は、P.A.R.M.Sの楽屋通路で普段私が言いそうなセリフで、
まだ演じやすいから自然体を出そうと思ったんですけど、、、
その自然はドラマを見過ぎの自然で、「クサい!」とか言われて、あ!そっちか!って。
監督に色々言われて思考を変えて自分でも分かり始めて、お芝居の感覚が掴めてきた気がしました。
バッティングセンターの撮影よりは早くOKがいただけたので、もっと芝居をやりたいと思いました。

けど時計見たら凄い時間が経ってて、あ、ライブシーンだ!
副業でアルバイトしながらアイドルを頑張ってる”桜田琴美”というストーリーが有る事を頭に置きながら、
ライブをやりました。ファンの人達も”ことみー”ってコールしてくれて、
なんだかんだ、いつもと少し違った雰囲気が出せたんじゃないかな?
130人以上って、ここまで集まると思ってませんでした!
エキストラなんですけど、私的にはライブに来たつもりで楽しんで帰って欲しかったので
めっちゃレスしたり楽しかったんですけど、逆に皆の笑顔を見れたので、あんなも緊張がほぐれました。
監督やスタッフさん達に、アリス十番とデストロイヤーの絆を見せれたような気がしました。
やっぱり、ファンの人達のチカラは偉大です。嬉しかったです・・・!

【太陽からプランチャ】は、女子プロレスラー、カメラマン、それぞれ夢と現実の葛藤を描いている青春ストーリーとなってますが、今日来てくれたファンの人達はもちろん、私達アリス十番と重ねて観ていただければ面白いんじゃないかと思います。
私にとってもすごい特別なので、期待して間違いないです!
撮影は終わっちゃいましたけど、今日家に帰ったらもう一回台本読もうと思います!
ありがとうございました!!』

ここで最後に、『スリーカウント』で長編デビュー後、『失恋殺人』(’10)、『クレイジズム』(’11)、
『僕の中のオトコの娘』(’12)と三年連続でモントリオール世界映画祭に選出され、
海外でも高い評価を受けている本作の監督、窪田将治氏に、
映画に関するコメントと、立花あんなへのエールをもらったので掲載する。
監督:窪田将治

『【太陽からプランチャ】はまだ絶賛撮影中なんですが、
年内にはナンとか公開させようと思ってますので皆様ぜひ、観ていただければと思います。
あと、立花あんなも一生懸命がんばってくれたんで、今後役者としてどうなって行くのか、
まぁ、基本アイドルですからね。期待を込めて(彼女の)素晴らしい芝居を観ていただければと思います。
頑張れよ、あんな!しっかりね!』

セリフはまだココでは明かさないが、今回撮影の、主人公と立花あんな(ここでは桜田琴美)のやり取りと、
その後に撮ったライブシーンは、夢を見る若者にとって、何かしらのフックになればと思う。
本編が完成すると、ほんの数分間のシーンであろうがこれこそ映画。
芝居に対する愛情を感じた撮影潜入だった。

映画「太陽からプランチャ」は、本年度秋~冬に公開予定。
ご期待あれ!!

アイスリボン official web site



収録曲全てが神曲!!
オリコンチャート13位!インディーズチャート1位!!

2013年3月6日(水)『仮面女子』Now On SALE!!
アリス十番・スチームガールズのスプリットSingle『仮面女子』
アリスプロジェクトの誇るライバル姉妹ユニットが奇跡のコラボレーション!!!
TRACK LIST
M1.アリス十番/全開☆ヒーロー
M2.スチームガールズ/HIGH and LOW
M3.アリス十番&スチームガールズ/Wohhhh!!!!
価格1000円(税別952円)
コチラの『仮面女子』は、amazonでも購入可能!!


テレビ埼玉『ウタ娘』毎週金曜26:00~OA
アリスプロジェクト動員対決がドキュメンタリーとなりレギュラーOA
「ニッポン人の知らない世界~ライブアイドルの現実(リアル)~」
出演:アリス十番、スチームガールズ、OZ、他
テレビ埼玉放送が見れない方の為に特設ページをご用意!
↓↓
特設ページはコチラ


【アリス十番】オフィシャルサイト
【スチームガールズ】オフィシャルサイト
【街角景気☆JAPAN↑】オフィシャルサイト
【OZ】オフィシャルサイト


アリスプロジェクトカテゴリーページ
http://news.k-mani.net/archives/category/aliceproject


【アリスプロジェクト オフィシャル公式モバイル】
TrendBoxにも載せない秘蔵&貴重な画像を随時更新中!
オフィシャル公式モバイル「アリスプロジェクト」

マネージャーブログ
随時更新中!アリスプロジェクトのLIVE情報ページはコチラ


アリスプロジェクト常設劇場 P.A.R.M.S(パームス)オープン!!
平日はなんと1,000円で入場可能なアリスプロジェクトの常設劇場P.A.R.M.S。
場所はアイドルの聖地、秋葉原。
石丸電気があった場所に新しく、マルチエンターテインメント館PASELA RESORTSがOPENし、その7Fフロアがアリスプロジェクトの常設劇場となる。
Pasela Aliceproject Real Music Stageの頭文字をとり、常設劇場の名前は
P.A.R.M.S(パームス)
土日祝は3公演、平日毎日公演中!
スケジュールはコチラ↓
http://www.alice-project.biz/parms

★取材協力/素材提供:アリスプロジェクト