スチームガールズが?? ハリウッドスター、トム・クルーズと同じ、
レッドカーペットに!? という事で行ってきました。
トム・クルーズ主演映画『アウトロー』のジャパンプレミア!

いつもの現場とは雰囲気が違う&カメラ台数の規模が違う。
日本全国、更には海外記者まで含め150社以上もの媒体が集うのは
流石ハリウッドスター来日。

東京国際フォーラムに敷き詰められたレッドカーペットの廻りから
抽選で選ばれたファン約500人の歓声があがる!
トム・クルーズの登場だ

(左から)
クリストファー・マッカリー監督、ヒロイン役ロザムンド・パイク、トム・クルーズ

親日家、そしてファンサービスに定評のあるトム・クルーズは、
媒体のカメラ一つ一つにも目線を配るジェントルメン。

なんとTrendBoxカメラにも!
目の前にあのトム・クルーズが。。。個人的に好きな俳優の一人なので緊張するが、
「本当にココにスチームガールズ?」
と未だにハテナが出てしまう。

トム・クルーズ一行がフォトセッションエリアから移動すると、
豪華日本人ゲストが登場。
石田純一、叶姉妹、真壁刀義(プロレスラー)、伴杏里、美脚時代、
声優の森川智之(日本語版トム・クルーズ)、吉本実憂、ダンテ・カーヴァー、
ドーキンズ英里奈、原田眞人(映画監督)、乃木坂46、京本政樹、甲田英司、
と続き、「次はスチームガールズです」とスタッフの声。

百選練磨の報道記者達から「何人?」「アイドル?何してる人たち?」
「なに?マスクしてんの?撮り難いんじゃねーの」
と、映画スタッフに質問が飛ぶ。
“何かスイマセン”と思わず言ってしまいそうな雰囲気・・・

一方その頃。

来ましたスチームガールズ。
表情を見ても分からないが、多分緊張しているのだろう・・・

エスカレーターを昇りきり、いざレッドカーペット!
『シューッ!!』っとスチームを噴霧。いざ!
と思ったらガチ注意でスチーム禁止(笑)

気を持ち直してレッドカーペットに。
トム・クルーズ目当ての観客から「お~っ」と歓声&拍手。
まだ名前は知られてないが掴みはOK。
フォトセッションエリアに登場すると、

先程までのピリピリした雰囲気は好転。報道記者もシャッターを押す。

デビュー僅か数か月のスチームガールズが、あのトム・クルーズと同じ場所で・・・
シャッターを切る筆者も不思議な気持ち。ガスマスクを外すと、

「なんだカワイイじゃん!」
と、荒ぶっていた報道記者も目じりが下がる。
更に至る所からシャッターの音が増えた(笑)

その後はムービーエリアに移動し、様々なTVから撮影やインタビューを受けるが
『あと数十分後にはP.A.R.M.Sでライブしてるんだよな』
と、また不思議な気持ちになる。

スチームガールズが更にレッドカーペットを移動していると、
目前にトム・クルーズ!
登場から既に1時間以上も経過しているが、まだトム・クルーズはファンサービスを続けていた。トム・クルーズと一緒に写真を撮ったりトークしたりは、
ファンサービス中も有って流石に無理だったが、
少しだけ一緒にレッドカーペットを歩けたのは彼女達の宝。

ミラクルな時間を終えたところで、次に控えるシアター内イベントには出席せず、
P.A.R.M.Sに移動!
今、自分達がやらなければならない、最高のステージへ!

決して浮かれては居なかった。
ライブ後にもスグ反省会を開き、先程のレッドカーペットは何だったの?
とさえ思わせるほど。

今後が期待できるユニットに成長した、と思わざるを得ない一日だった。

【スチームガールズ】オフィシャルサイト


アリスプロジェクトカテゴリーページ
http://news.k-mani.net/archives/category/aliceproject


アリスプロジェクト常設劇場 P.A.R.M.S(パームス)オープン!!
場所はアイドルの聖地、秋葉原。
石丸電気があった場所に新しく、マルチエンターテインメント館PASELA RESORTSがOPENし、その7Fフロアがアリスプロジェクトの常設劇場となる。
Pasela Aliceproject Real Music Stageの頭文字をとり、常設劇場の名前は
P.A.R.M.S(パームス)
土日祝は3公演、平日は毎日公演中!スケジュールはコチラ↓
http://www.paselabo.tv/parms/


【オフィシャル公式モバイル】
TrendBoxにも載せない秘蔵&貴重な画像を随時更新中!
オフィシャル公式モバイル「アリスプロジェクト」

マネージャーブログ
随時更新中!アリスプロジェクトのLIVE情報ページはコチラ

★取材協力/素材提供:アリスプロジェクト